Close

希望条件の職場へ転職するコツ

看護師で仕事を辞めたいと思ったことのある人は多いのではないだろうか?
ただ、他の職業に転職しても、看護師として復職する人は多く、苦労して取得した看護師免許を無駄にするのは非常に勿体無いことである。

看護師といっても、病棟看護師、小規模クリニックの看護師、訪問看護師、福祉施設や保育園の看護師、産業看護師など多くの種類があり、それぞれの働き方や、やりがい、職場環境には驚くほどの違いがある。
看護師を辞めてしまうのではなく、今とは異なる看護業務への転職を検討してみるのも良いのではないだろうか。

看護師としての転職を成功させるコツとしては、希望する勤務条件を自分なりに書き出して整理することがあげられる。
希望する勤務条件が多いと、どうしても転職先の候補は減ってしまう。
例えば、土日と祝日は必ず休みという希望を出すと転職先は大幅に減ってしまう可能性が高い。
これが、毎回でなく出勤可能な日もあるという補足があるだけで、転職先はけっこう増えたりするのだ。
希望条件は自分にとって絶対なのかを柔軟に見直してみることも大切である。

また、人間関係が良いところを探そうとするあまり、評判を聞きすぎるなどして、転職になかなか踏み出せないことがあるかもしれない。
人間関係は人事異動によってすぐに変わってしまうものである。
人間関係は新たに自分が作っていくものと考え、その職場の新人として仕事を覚える覚悟をしていくことも大切である。