Close

若い人が転職成功させるコツは?

20代と30代が転職するときのコツはいろいろある。
20代の頃は転職を決意したとしても漠然としたイメージや希望で転職活動をしてしまう人が多くいる。
たとえば、「人と接する仕事がしたい」、「社会貢献ができる仕事がしたい」といったものだ。
そこに留まると成功どころか失敗に終わってしまう。

具体的には、自分の希望が実現できる業界はどういったところがあるか、その業界ではどのような会社があるか、その会社には自分が希望することを実現できる職種はあるのかを転職のスタート時点で考えることが重要となる。
このように軸ができればいろいろな会社に応募することなく、転職活動でぶれることもなく、転職してから後悔することもない。
少なくともその場の思いつきでいろいろな会社にたくさんエントリーすることはくれぐれもやめよう。

一方、30代の場合は社会人経験をしている分、応募先の企業に大きな期待をしてしまうことがある。
年収、賞与、年間休日、勤務地から自宅までの交通の便などの希望がたくさんあるかもしれないが、そのすべてを満たす会社にのみ応募していてはなかなか転職がうまくいかないだろう。

そうしたことを避けるために、もっとも自分が譲れないことを1つに絞って転職活動をしておくと転職がうまくいきやすい。
ブレずに一つ絞っておくだけで思わぬ優良企業に出会える可能性もあるのだ。
たとえば、年間休日を重視するなら年収にはある程度目をつむったり、福利厚生を重視するなら残業時間が多いことには譲歩しないといけないなどである。